表参道駅から徒歩1分の美容院(美容室)Gratii(グラティー)髪が綺麗になるストレートパーマが得意のサロンです>ヘアケア>髪の艶がなくなる原因とその改善方法

髪の艶がなくなる原因とその改善方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
髪の艶がなくなる原因とその改善方法

この記事を読むのに必要な時間は約6分です。

髪がパサパサでケアの仕方がわからない、ケアをたくさんしてるのに改善されない。そんな方におすすめです。


髪の艶がなくなってしまう原因


女性ホルモンの低下


女性ホルモンはプロゲステロン、エストロゲンの2つに分かれます。そしてエストロゲンの方が髪を艶やかに、皮膚をみずみずしく保つなど「女性らしい」に関わってくるのがこのホルモンです。
このホルモンは20代後半にピークをむかえそこからは分泌量が緩やかに低下しだし、早い方で30代後半になってくると急激に低下する方もいます。女性ホルモンに恵まれた方はなんと、30代後半までピークを維持できます。しかし40代では確実に女性ホルモンは減り始めます。


それによってハリのあった髪は低下することで切れやすくなり、コシはしっかり髪が生えていてもふにゃっとなりボリュームが出しづらくなります。さらに女性ホルモンの低下により髪が細くなる事で、うねり出し艶も失われてしまうのです。



生活習慣の乱れ


生活習慣が乱れると体に悪影響を与えます。急激に太ったり、痩せたり、精神的に不安定ににもなり睡眠障害も起こります。当然髪にも栄養は行き届きづらくなりその結果髪がぱさぱさになり艶が失われます。


つまり食事、睡眠、ストレスの乱れが肌だけでなく髪にも悪影響を及ぼします。特に女性は貧血により髪が薄くなることもあるので充分注意するようにしましょう。


クセ毛によって


クセ毛はキューティクルが平らでないため艶が出にくいです。そのキューティクルとは髪を覆ううろこのようなものです。キューティクルが傷ついたり剥がれたりしているとその部分は光が反射しないので艶がなく見えるのです。


そしてクセ毛の方はキューティクルの閉じ方がクセがない方に比べると悪くキューティクルは綺麗に閉じていないと艶が出ないのでクセ毛の方には艶がありません。


ドライヤーの熱によるオーバードライ


ドライヤーの熱は最大100度近くまで熱くなるため髪に近づけて乾かし過ぎると熱によって髪のタンパク質が壊れパサパサになり髪の艶も失われます。


美容室の施術による過度なダメージ


美容室で行う施術のカラーやパーマは一般的にアルカリを使用するため髪に対して薬剤が強すぎたりする場合すぐにダメージを受け髪は艶がなくなってしまいます。


紫外線によるダメージ


紫外線は髪のキューティクルに対してダメージを与えます。キューティクルは髪の内部を守る働きをしていますが紫外線はキューティクルを抜けて内部のメラニン色素まで分解してしまうため健康な髪でも茶色く色が抜けてきます。結果髪はダメージを受けることになります。


紫外線が毛髪のタンパク質を構成するシスティンという結合されている部分にダメージを

与えるので髪が切れ毛、枝毛、パサつき、抜け毛となります。


《髪の艶を取り戻す改善方法》

女性ホルモンに良い影響を与える

【適度な運動を心掛ける】

女性ホルモンは増やすことができないと知ってましたか?適度な運動をすることで体の代謝と血行が良くなります。とくにヨガやストレッチは呼吸を深く意識する事で体の緊張が柔らぐのでより効果的です。血行と代謝を良くする事で女性ホルモンに良い影響を与える事が出来るので積極的に行うようにしましょう。


生活習慣の見直し

【食事、睡眠の見直し】

先ほど上でも伝えたように女性ホルモンを増やすことは出来ません。食事に関しても女性ホルモンを増やす食べ物はありません。バランスの悪い食生活は女性ホルモンにも良くありません。魚やお肉、野菜、炭水化物、果物をバランスよく食べるように心掛けるようにしましょう。


特に良いとされているのは大豆のタンパク質、発酵食品、ゴボウ、バナナなどのオリゴ糖、食物繊維などを多く摂取して腸内環境を整えるようにしましょう。


そして睡眠不足は自律神経が乱れて女性ホルモンに悪い影響を与えます。ゴールデンタイムといわれている「22時~2時」の時間は寝ておきたいですがなかなか22時に寝るのは難しい方が多いので最低でも0時は就寝出来るよう心掛けて、食事は寝る2時間前までにすませるようにしましょう。


クセ毛を艶髪に見せる

【美容室での施術】

クセ毛の方はカットで整え、髪を軽くするためにすきすぎたりせず重さを残すことで髪のダメージを最小限にすることでパサつき、広がりを抑える事ができます。

髪の水分がなくなるとクセ毛の方はうねりが強くなるのでトリートメントで栄養を補い、水分もしっかりと閉じ込めてうねりを緩和することをおすすめします。

またクセ毛にストレートパーマをかけることでクセ自体をなくすことでストレートになり艶を出すことも可能です。ただストレートパーマや縮毛矯正は美容室の薬剤の中でも1番強いので信頼できる担当美容師さんに施術してもらう事が絶対条件になります。


ドライヤーの熱によるオーバードライ 改善方法

【ドライヤーの使用方法】

まずドライヤーをかけ始める前にしっかりタオルドライをします。この時ゴシゴシ拭かないで髪をタオルで優しく抑えて水分を取るようにしましょう。特に毛先に水分がたくさん残っている状態からドライヤーをかけ始めると時間もかかるのでしっかりと水分は取るようにしましょう。


カラーやパーマをされてる方はアウトバストリートメントをつけましょう。

ドライヤーをかけ始めます。15センチ髪から離して乾かすように心掛けましょう。トリートメントをしっかりするならこのドライヤーで乾かすことに気を使う事で髪の艶は保てるので意識して乾かすことをおすすめします。


またクセ毛の方へワンポイントアドバイスは、ドライヤーで乾かす順番は、前髪、全体の根元、毛先の順番で、クセが強く出やすいところは1番先に乾かすとまとまりも良くなります。


紫外線によるダメージ
改善方法

【紫外線対策記事】

これから日差しが段々と強くなって来る季節です。紫外線は肌にも良くないですが髪にも当然良くありません。今回は頭皮、髪の紫外線対策をいくつかお伝えします。


長時間外に出られるる時は帽子を被るようにしましょう。強い日差しも帽子を被っていれば髪も頭皮もしっかりと守ってくれます。また後ろの髪までしっかり覆ってくれる日よけカバーは首まで日焼けを守ってくれるのでおすすめです。


ヘアスタイルが乱れたくない方は日傘がおすすめです。日傘は上半身も紫外線から守ってくれるため帽子より広範囲で守ってくれます。


【まとめ】

髪を傷ませるは簡単で傷ませた髪は元に戻る事ができません。体と一緒で予防が何より大事です。その予防が髪をパサパサにせず艶を失わない方法となるので今日から意識して積極的に行なっていきましょう。

田口友章

田口友章

Written by:

フェミニンを作らせたら右に出る者がいない洗練されたセンスを持つとともに繊細な接客と施術の持ち主。リピーターが続出し、幅広く多くのお客様、タレントからも厚く支持される、サロン屈指の技術派。

技術に対して常にストイックに追求心する姿勢は職人気質な一面があります。

ボブからロングを最も得意とし、更に《ヘアケアマイスター》を保持しヘアケアでも知識豊富。多くのお悩み相談にもお応えしています!

『笑顔になっていただけるよう心がけています。みなさんの御来店を楽しみに心よりお待ちしております。』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

田口友章は、こんな記事も書いています。

  • 髪の艶がなくなる原因とその改善方法

    髪の艶がなくなる原因とその改善方法

  • くせ毛を治してストレートにする方法!ベテラン美容師が徹底解説!今日からできる改善方法

    くせ毛を治してストレートにする方法!ベテラン美容師が徹底解説!今日からできる改善方法

  • 長さに応じたコテの太さ

    長さに応じたコテの太さ

  • 冬ならではの髪の悩み

    冬ならではの髪の悩み

  • ストレートパーマと縮毛矯正を徹底解説!違いが分かる8つのこと!

    ストレートパーマと縮毛矯正を徹底解説!違いが分かる8つのこと!

  • 朝楽になるためのドライヤーの使い方

    朝楽になるためのドライヤーの使い方

人気記事 新着記事 関連記事

カテゴリー

美容院専用ホームページサービス

Copyright© 2013 Gratii All rights reserved.