表参道駅から徒歩1分の美容院(美容室)Gratii(グラティー)髪が綺麗になるストレートパーマが得意のサロンです>カラー>グレイカラー(白髪染め)は髪を傷めるって本当⁇

グレイカラー(白髪染め)は髪を傷めるって本当⁇

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グレイカラー(白髪染め)は髪を傷めるって本当⁇

この記事を読むのに必要な時間は約4分です。

白髪染めは髪が傷むって本当⁇


今回は白髪染めは髪が傷むのですか⁇という質問にお答え致します。



白髪の出始めは早い方だと10代~20代の方でも白髪は見られますが大体30歳代くらいの年代になると白髪は気になる方も増えてくる傾向があります。



ここでは白髪染めの特徴についてお話していきます


白髪染めは白髪をしっかり染める為にファッションカラーよりもブラウン染料が多く入っています。

ファッションカラーについては髪のメラニンがある事を前提に色味を設定し作られている為、グレイヘアに対して正しい色見本の発色は難しい点があります。

また、グレイヘアには基本的にはやや暗め、落ち着いた色で染める事が多く、明るい色で染めると白髪に色が入りきらず、白髪が浮いてしまう場合があります。


例を挙げると白に明るい色を混ぜても、薄めの色は付きますが濃い色にはなりません。

逆に明るい色だと染料が少ないので、白髪にしっかり色を入れるのは難しいです。


しかし、白髪染めでも明るいカラーを楽しみたいという方が多くいるため、明るめの色のグレイカラーも多くなってきましたが、それでも染め上がりは明るい色になればなるほど、白髪への染まりは悪くなります。白髪にうっすら色がついてる感じです。

ただ、白髪でない元の黒髪も明るく染まっているので、ある程度はぼける為、そんなには白髪が目立たないように染まり上がります。


グレイカラーをした髪はファッションカラー同様に明るく出来るの⁇


こちらに関してですが、

白髪染め(または黒染め)をした髪を明るくしたいという場合、その実現は結構大変なんです。

 一度白髪染めで暗くした髪は髪を脱色(ブリーチ)しない限り、明るくはできないからです。

それほどにグレイカラーの色素は濃くしっかりと染まる様設計されています。

更に言わせて頂くとブリーチをしてそのままでは、色ムラが目立ったり、強力に色素を抜くので明るすぎたり、白髪染めの染料の赤味が残ったりします。つまり、ブリーチしてから更にカラーで色をのせる必要があるので、時間と金銭的にも負担になりますし髪や頭皮にもダメージがありオススメし難いです。

 大抵は白髪染めの染料が抜けきらず、赤みが残るので希望通りの色味にすることは困難でしょう。


髪が生えてくる限り白髪が気になるでしょうから、必然的に繰り返し染めることになります。なるべく伸びた分だけ染めていくようにした方が、髪に負担がかからないので、ダメージの気になる方には良いかなと思います。毛先が退色しすぎて気になるときだけ、伸びてきたところだけでなく毛先まで染める、というのがおススメです。


一度染めたグレイヘアはある一定の期間、(完全に退色する3ヶ月程)この時点で浮いてる白髪が目立たなければ毛先に関してはファッションカラーに切り替えても良いと判断しています。

根元はグレイカラー、中間~毛先をファッションカラーにする事で色も楽しめますし、ダメージを抑えてカラーする事が出来ますのでオススメです。


結論からお答えするとグレイカラーはファッションカラーに比べて傷む傾向があります。


白髪染めとは通常のファッションカラーとの違いは何なのでしょうか⁇


こちらからお答えいたします!


白髪染め(グレイカラー)

白髪染め(グレイカラー)には濃いブラウン色素がブレンドしてあります。


《メリット》

  • ブラウンの効果により色持ちが良い
  • 白髪をきちんと染める事が出来る

《デメリット》

  • 暗い色で染めると色がなかなか抜けなくなる
  • しっかり染める力がある薬剤によりダメージを感じやすい。
  • 赤みが出やすい。透明感が出にくい。

何故なら白髪は薬剤が浸透し辛く染まりにくいのです。 グレーカラーには白髪を染めるための染料がより多く配合されています。


薬剤の力が強くなればそれだけ髪に負担もかかるので白髪を染める必要がない場合はあまり使う事はありません。


また白髪染めに配合されるブラウンの性質上、赤みが出やすくなるのが特徴です。

明るめのカラーでファッションカラーとブレンドする事も可能です。

余りに明るめや淡い色味に薄めてしまうと白髪が浮いてしまったり完全に白髪をカバーできない場合もあります。


ファッションカラー(お洒落染め)


おしゃれ染めのと呼ばれ一般的に使わせて頂いているカラー剤になります。


アッシュ(青)やピンク、レッドのような鮮やかな色彩を楽しんでいただけるカラーになります。



こちらにもメリット、デメリットがあります。


《メリット》

明るさ問わず色彩豊かな色味を表現ができる


《デメリット》

色持ちが悪い

白髪は染まらない


つまり大きな違いはブラウンの色素の配合量です。 少ない白髪をぼかす程度のグレイカラーであればファッションカラーとブレンドしたりする事でダメージも比較的に抑える事も可能です。


また、最近では赤味の出にくいグレイカラーや明るさをキープしながらぼかすイメージのグレイカラーも登場している為、グレイカラーに良いイメージを持っていないお客様にはこちらをオススメさせて頂いております。


配合量や剤に対して混ぜる薬剤を美容室では調合出来る為、特に白髪染めに関しては御自宅でのセルフカラーは絶対にオススメ出来ません!



艶のある美しい髪で過ごして頂きたい気持ちで調合させて頂いております。是非担当にご相談下さいね。

浅見陽大

浅見陽大

Written by:

【Gratii】スタイリスト。 トレンドを意識した扱いやすいスタイルを創りが得意です。 バリエーション豊富なホイルワーク技術でお洒落なヘアカラーを楽しみたい方は是非一度御指名ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

浅見陽大は、こんな記事も書いています。

  • 有能すぎる発毛シャンプー Growsis グロウシス スコラシャンプーのオススメポイント!

    有能すぎる発毛シャンプー Growsis グロウシス スコラシャンプーのオススメポイント!

  • ボリュームが出すぎて頭が大きく見えてしまう。そんな方にオススメのヘアケア方法

    ボリュームが出すぎて頭が大きく見えてしまう。そんな方にオススメのヘアケア方法

  • ムースを使って簡単ゆるふわヘアアレンジ!

    ムースを使って簡単ゆるふわヘアアレンジ!

  • レディース用のヘアワックスを選ぶときのコツ

    レディース用のヘアワックスを選ぶときのコツ

  • 前髪にピッタリなアイロン選びと温度

    前髪にピッタリなアイロン選びと温度

  • 注目美容成分リピジュアで乾燥と戦いましょう!

    注目美容成分リピジュアで乾燥と戦いましょう!

人気記事 新着記事 関連記事

カテゴリー

美容院専用ホームページサービス

Copyright© 2013 Gratii All rights reserved.